脱毛サロンの光脱毛はどうやって脱毛しているのか

脱毛サロンで現在主に行われている方法は光脱毛と呼ばれる方法です。


この光脱毛というのはフラッシュ脱毛やIPL脱毛と呼ばれる事もありますが、どれも同じ意味となっています。

ここでは、その脱毛サロンで行われている光脱毛はどういう仕組みで脱毛しているのかを簡単に説明します。



光脱毛は簡単に説明すると単に脱毛したい部分に光を照射するだけで脱毛できるのですが、その光というのは黒い色素が吸収し、なおかつ周囲の肌は反応しにくい光を用いています。

どうして黒い色素なのかというと、体毛はメラニンという色素が含まれているから黒いので黒い色素が吸収しやすい光を用いているのです。

光のエネルギーを吸収すると熱を発生させ、その熱が毛根部分にダメージを与える事によって減耗効果が期待できるのです。

脱毛サロンで処理をする前には毛抜きで処理をしてはならないと言われていますが、どうしてなのかというと、毛抜きで毛を抜いてしまうと光を照射しても、そのエネルギーを吸収する黒い色素が無いので意味が無くなってしまうからです。



また、一般的には光を照射する前にジェルを塗りますが、そのジェルには熱を発生させた際に肌が火傷しないように保護をするための役割があります。

一部では光脱毛を行っているのにジェルが不要な脱毛サロンもありますが、それは光を照射する際に同時に冷却機能が備わっていて肌を冷却しているからであり、いずれにしても火傷を防ぐための処理は行っています。