脱毛サロンとクリニックでの脱毛の違いについて

脱毛サロンとクリニックでの脱毛方法は一つでは無いですが、ここでは主流となっている脱毛サロンの光脱毛とクリニックのレーザー脱毛に限定してその違いを簡単に説明します。
これらの方法はどちらも光を体毛に当てる事で脱毛しています。

どうして光を当てるだけで脱毛する事が出来るのかというと、体毛に含まれているメラニンという黒い色素が光のエネルギーを吸収するように調整されていて、肌は吸収しにくいようになっています。



そして光を吸収した体毛が熱を発生させ、その熱を体毛の毛母細胞に伝える事によって減毛効果があるのです。

それでは脱毛サロンとクリニックはどちらで施術しても同じなのかというと、原理は同じであっても効果は違っています。

レーザー脱毛の方が単一の波長の光を用いており、光の方向性も一方向に統一されていて出力が強いので、より高い効果が期待できます。
そのために単に効果が高いかどうかだけで見るのであればレーザー脱毛の方が良いです。

ただ、脱毛サロンで脱毛するのは効果が無い訳では無く、サロンにはサロンのメリットがあります。

脱毛する際には費用が掛かりますが、平均的な費用はクリニックよりも脱毛サロンの方が安い傾向があります。


特にワキ脱毛は人気が高くて価格が安い傾向があり、サロンによっては千円以下で脱毛できる所も存在しています。



また、レーザー脱毛は効果が高いが故に痛みも強く表れやすいので、痛いのが苦手という場合もサロンの方が痛みが少なくて済みます。